• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

 「朝光」  第3回『四季の彩り』展(1990年) 出展作品

会員No.189046 加賀谷一三

撮影地:更埴市(現 千曲市)

カメラ:6x7   

 

「朝光」は、1989年、私がPFJに入会して間もない頃、入会を勧めてくれた先輩から、入会したからには写真展に出展する写真を撮らなくてはいけないと言われ、どこか自分の知っている撮影地はないか? と聞かれ、今時分であれば以前住んだ事のある長野県更埴市(現 千曲市)の森のアンズの里なら知っている。そして、そこに住んでいる友達もいると答えたら、「今すぐに連絡してそこに行って撮影してきなさい」と言われ、その場で地元の友達に電話し開花状況を尋ねたらもう咲き始めているとのこと、(4月10日頃)今度風景写真を始める旨を伝えると、久し振りだからうちに泊まりに来れば良い、車も貸してやるから好きなだけ撮って帰ればいいとのありがたい言葉に甘えることになった。

さて、アンズの里に行くとそこはまさに花園、アンズの花で埋め尽くされていた。しかし、人工物を入れないでの撮影はかなり制約があり、観光地でもあるので人出も多くなかなか思うようにシャッターが切れない面もあった。そんな中、青い山肌にアンズの花が浮かび上がるこの場所を見つけ、先輩や旧友に感謝しつつシャッターを切ったことを、今、懐かしく思い返している。そして「朝光」は、私の風景写真展のデビュー作品となった。

当時、高速道路はまだ整備されていなかったが、現在は長野自動車道や上信越自動車道が整備されている。二つの高速道路が合流する更埴インターから車で10分ほどの距離にあります。

 「想」  第3回『四季の彩り』展(1990年) 出展作品

 

会員番号:188047 中尾博妟

場所:八甲田山

カメラ:6×4.5

東北地方の風景の奥深さと厚みに加えて色彩の豊かさに魅せられ、 1986年から1995年 まで八甲田、八幡平方面を中心に新緑と紅葉を求めて撮影に出かけました。 

私は風景を撮る際、自然とその奥にある本質と内実の神秘性をうかがえる様な表現が出来れば理奥的と考え、又同時に作品には 精神性の高さ、宗高さ、壮大さとパワーが 肝要と思っておりますが、 現実は仲々思うようにはいかず今日いたっております。「想」は1988年10月10日、八甲田の田代平で出会ったぶなの原生林です。林に入ってすぐ感じたことは、大聖堂の中で聖なる 空気に包まれたような気分に なったことです。

巨木が点在し、それを 若木がとりかこみ、古代よりとてつもなく長い年月にくり返された輪廻の中で林が形成されており、神の采配としかいいようがないと思いました。古代人も活きる中で見てきた風景ではないかと想像致しました。

 黄葉の林ですが、 幹を本体に据えて清浄感を表現したいと思い、又太くて風格のある古木は他を圧する存在感があり、囲りの細い木々はまだ若くて明 るく希望のある未来を表わすものとしたいと考えて光り輝く黄葉をあえてひかえめにして木々のリズムと大地を撮ることにしました。私の精神の風景写真でしょうか? 

第6回展 「霧 煙」より

氏名:倉田靖彦

撮影地:静岡県伊豆市

カメラ:6×6 250mm

PFJ入会4年目の第6回展に出展したこの作品「霧 煙」は平成4年日本ハッセルブラッドフォトクラブ主催の伊豆方面撮影行に参加した折に温泉宿最上階から撮った作品です。

私の撮影スタイルの一つに、宿に着いたら先ず一番先に行くところがあります。それは宿の屋上やテラスからの風景や月暦などの条件を読み良ければその瞬間を撮る事にしています。

この日は朝食前に非常階段にカメラをセットし山腹に咲き誇る山桜を撮影、やがて雨は止み薄日が竹林を照らし始めた時、しっとり濡れた色濃い桜の樹々から突然霧煙が立ち昇りました。ときめく胸を押さえながら霧中でシャッターを切るが僅か3カットで霧煙は消え去りドラマは一瞬にして終わったのを記憶しています。

なお、別の月写真は今年のPFJ撮影会で早朝4時半宿のベランダから桜咲く山裾に沈む満月を撮った作品で事前情報を読んだ結果の作例です。

所で、入会7年目1996年12月号のアサヒカメラで竹内敏信監修による新・風景講座「撮影テーマの絞り方を探る」の対談にアマチュア風景作家3人の中に選ばれ、対談形式で各自の作品50点以上を見て頂き竹内先生からのコメントを戴きました。人が自然に接した時、精神を環境に溶け込ませて対象を見るということが大切。それが一番自然なことで、そんなメッセージが私の作品から伝わってくるというお言葉を戴きました。その折、私なりに写真を撮る5カ条を紹介させて頂きました。それは1.「作る写真から発見する写真を」2.「自問自答の持続を」3.「没個性からの脱却を」4.「継続は力なり」5.「写真バカにならないための努力を」などで今も常に心がけています。

顧みるにこの6回展では126点が出展され、この頃は山岳写真家川口先生とまだ50歳の若さで日本の風景写真界を牽引する竹内先生との両輪による指導で緊張と充実した例会が懐かしく思いだされます。

今回この企画により風景写真に対する考え方や発表の決意などを今一度振り還る良い機会を与えて頂いたことに感謝すると共に、今後はデジタル時代に相応しいデジタルならではの風景写真に挑戦してまいりたいと思っています。