• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

「無題 安全な撮影に向けて」

会員No 215006 高木 健治

撮影場所: 奈良県大峰奥崖道傍     撮影日: 平成31年4月22日

 

天川ダム近く15年走行のJAGUAR車内での目覚め。蛙の横断を見届け進む309号線。大峰奥崖道行者還トンネルを東方に貫けて最初の一枚。幾枚の画像DATAが蓄積され、どの程度の時間が経過していたのか、この時不明。気づけば又兵桜、チャリンというLINE、視れば娘から、捜査願準備中とのキツイお言葉。言われてみれば、機材の重みが繰返し私を谷底に導いていた。同行者はいない。NETWORKも繋がらない別天地で私は被写体を求め危険な彷徨を行っていた。2月の上高地は通信可能であったと無意味な反論をするものの、71歳大いに反省する。

「 月光に輝く氷魂 」 

会員番号 215004 松下 博行

 

一月下旬北海道に撮影に行った時、豊頃町のハルニレの樹を撮影後、大津港に寄って見た。そこには前日季節風がもたらしたのであろう十勝川の氷が海岸に打ち上げていた。それも多数の氷だ。幸い天候も良く夕景まで氷の光り輝く色を堪能した。しかし日が落ちて月が出るのを待って氷がどう見えるのかが見たくなった。気温もハンパない寒さで手足の指先が痛い、零下二桁はあろう。いったん車に戻り暖を取りながら今日撮ったものをパソコンで整理。現場に戻ると昼間数人いたのが誰一人といない。月が雲に隠れたり、現れたりしている。懐中電灯で足元に注意し、メインになる氷を探しながらこの場所に決めた。後は、月の光を待って方向、月の位置を変えながらの数枚カットした。その中の一枚を選んでみた。

「 朱色の海 」         

会員№ 216010  高木 多恵子

撮影地 :松本市美ヶ原

カメラ :キャノンEOS 5DⅯark Ⅲ

 

初夏の高原を点々と彩るレンゲツツジを求めて、美ヶ原林道を行く。峠に着くと辺り一面の霧の中、レンゲツツジが咲き乱れている。しばし、ここで撮影、レンゲツツジは松本市の市花でもあるが、有毒の為、放牧された牛馬が食べず、高原に多いとか。ここから林の中を5分間程登った台地が一面の大群落‼、右も左も見渡すかぎりのレンゲツツジ、花の初々しい美しさ、流れわく霧、シ-ンと静まりかえり、朱色の大海を彷徨よっているような錯覚も。無我夢中で撮っているうちに気がつけば、好事魔多しで、遠くで鳴っていた雷が大接近‼もう少し、もう少しの気持と雷の恐怖に怯えながら撮った一枚です。