今月の一枚 1月度

 

「離れ笠雲」   

会員No.216015 河合定夫

撮影地:山梨県山中湖パノラマ台

カメラ:ペンタックス67:55~100㎜

 

恒例の年末、年始の富士山撮影へ行きましたところ、大晦日に、来る年を祝うかのような、綺麗な離れ笠雲が富士山に湧いて来ました。

年末にこのような写真を撮影するのは、富士山には25余年通っておりますが、はじめての事です。

来年も良い写真を撮れますようにと、願いを込めて撮影して来ました。

今月の一枚 3月度

 

「 紅白の競演 」 

会員番号 213011  田中 均

撮影地:広島県安芸高田市

カメラ:FUJIFILM  X―T2 ・レンズ:18~135㎜

 

昨年の春先、広島北部エリアを訪れた際、小さな梅林を見つけました。梅の木の数は少ないが、紅梅あり白梅あり見事に咲いておりました。その中で存在感ある幹の垂れ紅梅を主役に、バックの白梅との競演をテ-マにシャッタ-を切りました。早春の情景が表現できていれば幸いです。

今月の一枚 4月度

 

「 山桜遠望 」

会員番号 214008 長田 善秀

撮影地:長野県池田町陸郷 桜仙峡

撮影日:2017年 4月 18日

カメラ:ニコンD800E レンズ:28~300㎜

 

数年前の春先 4月中旬2泊の撮影に出かけました。早朝の山桜を狙って翌朝3時頃起床し撮影目的地に行きました。しかし到着してみると昨夜からの雨は止まず撮影もままならぬ程の土砂降りで諦め半ばバス中で1時間ほど待機しました。すると驚くなかれ雨はぴたりと止み雨雲は瞬く間に消え去る中、待望の太陽まで顔を出し光は刻々と変化して素晴らし光景を見せてくれました。

この一期一会のドラマチックな光景に出会えたことに感謝しながらシャッタ-を切りました。風景写真で良き出会いには粘りも又大切と痛感しました。

今月の一枚 5月度

 

「 霧まとう森 」

会員番号 216011 川名 和夫

 

5月中旬月山姥ケ岳のブナ林に魅せられ年 2 回~3 回訪れます。

郡山から月山ネイチャーセンターまで車で 4 時間、丁度この時は小雨が幸いし、ブナ林は霧につつまれていました。気持ちが高ぶりフィルムをカメラに入れブナ林広場へ向かい、霧の中で撮影を 3 時間ぐらい致したその時の作品です。

今月の一枚 6月度

 

「金色に染まる海」

会員番号 216005 氏家 正

撮影地 :熊本県宇土市御興来海岸

カメラ :キャノン5 D r S

レンズ :EF70~200㎜ F4L USM

 

御興来おこしき海岸は、潮の上げ下げが激しいことで有名ですが、その実際をまだ見ていなかった私は、2年ほど前の春、友人数人と共に現場へ出向くチャンスに恵まれました。当日は休日だったこともあって、朝から場所取りが大変でしたが、天候は晴れ。昼を過ぎるあたりから、予定通り、干潮が順調に始まりました。その干潮が頂点に達したのは、太陽がまさに水平線下に沈まんとする午後5時半近く。凪いた海には、一様に砂紋ができて、殆どのところは金色に輝く、という美麗の海でした。

今月の一枚 7月度

 

「寸光に遊ぶ」  
会員番号:208019 善宝 知子 

撮影地:青森県十和田市奥入瀬渓流

撮影日:平成30年9月2日

カメラ:キャノンM6(APS-C)レンズ55x200mm

 

青森の帰り、ちょっと遠回りして奥入瀬渓流を車で走っていたら、一瞬の日を浴びた場面に出くわしました。太陽の動きはとっても早かったのですが その光と遊びながら撮影した一枚です。紅葉もまだ早いので、たいしたことないと思って、いつもの相棒カメラは持っていかず、コンパクトデジカメで撮ってしまいました。 失敗! 写真を撮っているときって何もいらない。その感動に浸ることができて最高の喜びです。 時には落ち込んで、時には投げ出したくなる事もありますが。生きていると実感する時でもあります。花は終わっていたようですが、感動はひとしおでした。

今月の一枚 8月度

 

「青の復活」  
会員番号:216018 松本 淳 

撮影地:北海道上川郡美瑛町白金

撮影日:2017年 7月 5日

カメラ:キャノンEOS 7D レンズ:EF-S 18~200㎜ f 3.5~5.6 IS

 

写真を趣味として本格的に始めて間もない頃に、北海道の美瑛を訪れて感動を覚えた「青い池」が平成28年8月の台風9号の大雨の影響で池に土砂が流入、池が茶色に濁る被害が発生、周辺の美瑛川の護岸が崩壊したために池周辺は立ち入り禁止となり、とても無念な思いをしました。旭川開発建設部の復旧工事で池周辺の安全が確保され、立ち入り制限が解除された事を知り、翌年家内を連れて訪れた時のカットです。「青い池」は災害前と変わらずに綺麗な青い色に佇んでいて、感謝と再びの感動を貰いながら、自然の回復力の凄さを感じました。これからも自然風景に感謝する心を持ちながら撮影を続けたいと思います。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon