心に残った風景  2021年1月度 

「 天空の渓流瀑 」 
会員№ 216014  新野 繁信  撮影地:谷川岳山頂

 

年に数回、谷川岳山頂直下の「肩の小屋」に泊まり、雲海等の撮影をしています。65ℓのバックパックに機材を入れ登るのは厳しいものがあります。谷川の山々は標高2000mに満たないながらアルペン気分の味わえる山です。又、気象の変化が激しいので、山頂付近では時々「ブロッケン現象」を見ることができます。掲載の写真は、10月10日に日の出から30分ほどたった後、群馬県側から新潟県側に雲が流れ始めた処、尾根にピントを合わせ、谷川連峰と滝雲の絶景を撮る事ができました。「肩の小屋」森下管理人さんの話では、この様な壮大な滝雲は5年に一度発生するかどうかだと言われ、谷川岳からご褒美を貰った気持ちになりました。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon