心に残った風景  2021年1月度 

「 天空の渓流瀑 」 
会員№ 216014  新野 繁信  撮影地:谷川岳山頂

 

年に数回、谷川岳山頂直下の「肩の小屋」に泊まり、雲海等の撮影をしています。65ℓのバックパックに機材を入れ登るのは厳しいものがあります。谷川の山々は標高2000mに満たないながらアルペン気分の味わえる山です。又、気象の変化が激しいので、山頂付近では時々「ブロッケン現象」を見ることができます。掲載の写真は、10月10日に日の出から30分ほどたった後、群馬県側から新潟県側に雲が流れ始めた処、尾根にピントを合わせ、谷川連峰と滝雲の絶景を撮る事ができました。「肩の小屋」森下管理人さんの話では、この様な壮大な滝雲は5年に一度発生するかどうかだと言われ、谷川岳からご褒美を貰った気持ちになりました。

心に残った風景  2021年2月度 

「 夕日に照らされた那須岳 」 
会員№ 201011  君島 幹夫  

撮影日時:平成28年11月28日午後3時50分

カメラ :6×7

 

11月に入ると初雪の便りが来ます。標高1915メールトル那須岳も雪をかぶり、牛ヶ首が雪に埋もれないうちに木々に強風でこびりついた霧氷と夕日に照らされた那須岳を撮影するため午後2時頃から登頂するが、運良く風が止めば自分の描いているイメ-ジ通りの撮影ができるのだが、こればかりはどうしょうもないことで天まかせの撮影です。

心に残った風景  2021年3月度 

「 湯煙の紅葉 」 

会員№ 216012 北村 滋敏 

 

 秋田八幡平の後生掛自然研究路に撮影に出かけて

この地を選んだのは、一度は泥火山と紅葉を見たくて撮影地に選びました。

歩道の両側でプツプツと音を立てて、泥と水蒸気を吹き上げる景色は少し不気味です。坂を登ると水温83度の大湯沼あり、泥と小石を吹き上げ、奥には大量の湯煙を上がっていました。目線を上げると美しい紅葉が、見えて、まさしく地獄と天国と言った景色に非常に感動しました。

心に残った風景  2021年4月度 

「極寒の霜花」  

 

会員№ 217008 杉本時生

 撮影地:北海道弟子屈町 屈斜路湖

カメラ :オリンパスOMD E‐M1Ⅱ[マイクロフォーサーズ] 24~200㎜ズーム(35㎜換算)

 

 

2019年2月上旬、北海道撮影ツアーに参加して撮影したものです。

屈斜路湖で発生するフロストフラワー(霜花)を求め、はるばる訪れましたが、夜明け前の真っ暗な湖畔でライトの光に浮かぶフロストフラワーは期待通りに成長していた。成長の3要件(マイナス15℃近い気温、豊富な水蒸気、無風)をクリアしていたが、当日は大寒波に覆われ、地元弟子屈町でも20年ぶりの最低気温マイナス30度超え(-31℃)だそうで、あまりにも“極寒”であった。

日の出前後、カメラ操作が頻繁になるのに伴い、朝陽が映ったこの写真を撮影した頃には人差し指が少し凍傷になったり、また、カメラの十字キー可動部等が凍結したり、モニターのタッチパネルが反応しなくなったりと、身体と機材にとって最も厳しい条件下の撮影となった思い出の1枚です。

心に残った風景  2021年5月度 

「 静 寂 」 

会員№ 211004 須崎 義晴

撮影地 :兵庫県美方郡香美町

撮影日時:2011年5月20日

カメラ :ハッセルブラッド 6×6  レンズ: 250㎜

 

この写真は10年程前に兵庫県香美町の猿尾滝で撮影しました。久しぶりに寄ってみると木の枝が伸び放題で写真を撮る気になりません。たまたま調査に来ていた香美町役場の人達に木の剪定をしないのか、たずねてみました。すると、猿尾滝は国定公園であり、木の伐採などは国の許可が必要なので、簡単にはできないとのことでした。自然相手の写真にはなかなか難しいものですね。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon